不動産取得税の課税されるケースとされないケース

不動産取得税の課税されるケースとされないケース
不動産取得税は、不動産の所有権を取得する際に課税される税金です。
一般的には土地の取得や建物の新築・増改築、有償・無償にかかわらず不動産の等価交換や贈与による取得には不動産取得税が課されます。
しかし、公共のために不動産を取得する場合や相続や法人の合併による取得には不動産取得税はかかりません。
参考ページ:不動産 取得 税 中古 住宅 不動産取得税の新築・中古など種類別計算方法を解説!
不動産取得税の計算方法
不動産取得税の計算方法は以下の式を使います。
不動産取得税 = (取得価格 ÷ 2) × 取得税率 取得価格とは土地や建物の取得価格、すなわち買値のことです。
取得税率は都道府県ごとに設定されています。
不動産取得税は取得した物件ごとに個別に計算されます。
具体的な計算例はパターンによって異なりますが、この式を使って計算することができます。
不動産取得税の納付には正確な計算が重要です。
不動産取得税に関する疑問点や注意点がある場合は、専門家に相談したり詳しい情報を入手したりすることをおすすめします。

車を売る時の流れとは?トラブル対策や売る時のポイントをご紹介

車の売却を考えている方々にとって、手続きの方法がわからず困っている方も多いかと思います。
車の売却はあまり経験する機会がないため、トラブルが発生することもあります。
車を売却する際には、知識を身につけることが重要です。
知識がないまま車を売却しようとすると、満足のいく結果にならない可能性もあります。
車を売却する際は、トラブルを避けるためにも注意が必要です。
この記事では、車の売却を考えている方々に向けて、売却の流れや必要書類などについて詳しく解説します。
車を売却するには、以下の4つのステップがあります。
まずは必要な書類を準備し、次に申し込みと査定依頼を行います。
そして契約を結び、売却車両を引き渡します。
最後に入金が確認されます。
また、住所が1度変わっている場合は「住民票」を、2度以上変わっている場合は「戸籍の附票」を必要とします。
姓が変わっている場合には「戸籍謄本」も必要です。
車を売却する際には、下取りよりも買取をおすすめします。
特にネクステージでは、高価買取が可能な環境が整っています。