名古屋市緑区の不動産売却

名古屋市緑区の魅力と特徴
名古屋市緑区は、名古屋市の東南部に位置し、東西には「扇川」、西部には「天白川(てんぱくがわ)」、南部には「大高川」という美しい川が流れている、自然に恵まれた区です。
総面積は37.91平方キロメートルで、名古屋市の16区の中では2番目に広い地域です。
名古屋市緑区には、様々な種類の不動産が存在しており、土地(空き地や未整備地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田畑や農地、工場や工場跡地などがあります。
ここでは、名古屋市緑区で不動産売却を考えている方々に向けて、緑区の特徴や不動産売買の成約件数、相場などをご紹介します。
ぜひ、参考になさってください。
名古屋市緑区の特徴
まずは、名古屋市緑区の特徴をご紹介いたします。
不動産をスムーズに売却するためには、周辺エリアの情報を収集しておくことが重要です。
購入希望者に対して、物件だけでなく、この地域に住むことのメリットを伝えることで、売却がスムーズに進むことがあります。
そのためには、詳細な調査が必要です。
まず、名古屋市緑区の人口は、2023年10月1日時点で247,701人、世帯数は104,252世帯となっています。
過去3年間はわずかながら減少傾向にありますが、名古屋市の16区の中では最も人口が多い地域です。
1990年には178,919人、2000年には206,864人、2010年には229,592人と、10年ごとに約3万人ずつ増加してきました。
これからも人口の増加が予想されます。
人口の増加に伴い、不動産の需要も増えることが予想されるため、不動産を売却する際には好条件と言えます。
人口の増加背景としては、2011年に地下鉄桜通線が緑区まで延伸されたことが挙げられます。
このことにより、交通アクセスが良くなり、都心部へ通勤する人々にとって魅力的な住宅地となりました。
その結果、緑区はベッドタウンとして注目されるようになりました。
以上が名古屋市緑区の特徴です。
不動産を売却する際には、これらの情報を活用し、購入希望者に魅力的なポイントをアピールすることが重要です。
名古屋市緑区の魅力や特徴
緑区は、日本の歴史的な事件である桶狭間の戦いの舞台として知られています。
この地域では、織田信長と今川義元軍が激しい戦闘を繰り広げました。
さらに、有松町エリアでは江戸時代以降に続く絞り製品の文化が根付いており、有松・鳴海絞りは特に有名です。
この地域には、「町並み保存地区」として指定されているため、江戸時代の建造物もそのまま鑑賞することができます。
また、酒造業も緑区の特徴の一つであり、名古屋市内の5つの酒蔵のうち、3つがこの地域に位置しています。
新鮮な水を使って醸造された清酒は、見学や試飲のイベントで楽しむことができ、多くの観光客にも人気があります。
緑区は、これらの歴史的な要素や特産品を通じて魅力を持っています。
参考ページ:名古屋市緑区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市緑区の生活環境の良さ
緑区は、日常の利便性に優れているため、生活しやすい地域と言えます。
スーパーマーケットチェーンや低価格スーパーが多くあり、毎日の買い物にも困ることはありません。
特にファミリーで買い物をする際には、便利さを実感できるでしょう。
また、緑区には名古屋市立緑市民病院と総合病院南生協病院という2つの大型病院があります。
この他にもクリニックや医院なども含めれば、250か所以上の医療機関が存在しているため、医療サービスを受ける際にも遠くまで移動する必要がありません。
このように、緑区は日常生活を豊かにする施設やサービスが充実しており、住みやすさを提供しています。

海外不動産を相続税対策

海外不動産を相続税対策
海外への投資や海外への移住が増えている昨今、資産運用の一環として、外国に資産を持つことや海外不動産の取得が注目されています。
ここでは、海外不動産を所有することが相続税を節税するための対策になるのかについて考えてみましょう。
海外資産について相続税が課されるかどうか
海外資産について相続税が課されるかどうかは、被相続人の住所や居住年数によって異なります。
具体的には、被相続人が日本に住所を持っている場合と海外に住所を持っている場合で考えてみましょう。
◆ 被相続人が日本に住所を有する場合 被相続人が日本に住所を持っており、海外に資産を所有している場合、被相続人が亡くなった時点で相続が始まり、その際に海外資産も相続財産として認められます。
そして、被相続人の居住地に関わらず、常に日本で相続税が課されることになります。
◆ 被相続人が海外に住所を有する場合 こちらでは、さらにケースを分けて考える必要があります。
参考ページ:不動産投資|海外不動産を購入すると節税になる?ならない?
① 相続人が日本国内に住所を有する場合、または海外に住んでいるが期間が5年以下の場合 この場合、常に日本で相続税が課されます。
相続財産に含まれる海外不動産も税金対象となります。
② 相続人が海外に住所を有し、かつ居住期間が5年以上である場合 被相続人が海外に居住している期間が5年以下の場合と同様に、相続税は日本で課されます。
相続人の住所や居住年数に関わらず、海外不動産は相続財産として評価されます。
以上のように考えると、相続人の立場に立って日本国籍を持つ方が相続税負担を軽減するために海外不動産を所有することは、有効な手段と言えるでしょう。
ただし、海外資産の相続税に関しては、被相続人と相続人のいずれもが5年以上海外に住んでいる場合に、日本の相続税が課税されないという特例があります。
ですが、この特例は限られたケースにしか適用されません。
したがって、海外不動産を相続税対策として考える際には、自身の居住状況や相続人の住所・居住年数などを考慮し、税務の専門家と相談することをおすすめします。