空き家にも固定資産税がかかる

空き家にも固定資産税がかかる
特定空き家に指定されると、固定資産税が通常の6倍になる 地方自治体では、放置され危険な状態になった空き家を特定空き家として指定することがあります。
特定空き家に指定された場合、所有者は通常の固定資産税の6倍の税金を支払わなければなりません。
特定空き家に指定されるまでの流れを詳しく説明します。
1. 空き家の状況確認: 地方自治体の担当部署が放置された空き家の状態を確認します。
放置され危険な状態にある場合、特定空き家に指定される可能性があります。
2. 特定空き家指定: 放置され危険な状態と判断された空き家が特定空き家に指定されます。
特定空き家に指定されると、所有者に通知が届きます。
3. 指定後の期間経過: 特定空き家に指定された後、一定期間が経過します。
この期間は市町村によって異なりますが、通常は2年以上の間、特定空き家としての扱いが続きます。
4. 固定資産税の増税: 特定空き家に指定されて期間が経過すると、所有者は通常の固定資産税の6倍の税金を支払わなければなりません。
この増税措置は、特定空き家の所有者に対して空き家を放置せず、適切に管理するよう促すために行われます。
つまり、空き家を所有している場合は、適切に管理し、特定空き家に指定されないよう注意する必要があります。
参考ページ:不動産売却 使っていない不動産が特定空き家に指定されると固定資産税が6倍!
特定空き家に指定されると、通常の固定資産税の6倍の税金を支払うことになりますので、経済的な負担が大きくなってしまいます。
空き家の所有者は、地方自治体の指導に従い、適切な管理を行うよう努めるべきです。