家を買うときには「住宅ローン減税」という特典があります

家を買うときには「住宅ローン減税」という特典があります
住宅購入時には、様々な特典が用意されていますが、その中でも特にお得なのが「住宅ローン減税」という制度です。
この制度について初めて聞く方や詳細を知りたい方にも、分かりやすく説明します。
また、減税制度は自動的に適用されるものと手続きが必要なものがありますが、申し訳ありませんが、ハウスメーカーや関係者からは手続きが必要なものについてあまり教えてもらえないことが多いですし、さらに期間限定のものが多いです。
私の周りでも手続きを忘れてしまい、何十万、時には何百万も損をした人がいました。
住宅の購入代金は最低でも数千万円にもなりますので、減税額も非常に大きいのです。
知っておきたいのが、「住宅ローン減税」と「すまい給付金」です。
住宅ローン減税とすまい給付金とは
まずは、「住宅ローン減税」と「すまい給付金」について、詳しく説明します。
「住宅ローン減税」とは、毎年の住宅ローンの残高の0.7%を13年間、所得税から控除する制度です。
一方、「すまい給付金」は、消費税増税による住宅の購入費用の負担を軽減するために導入された制度です。
住宅ローン減税とはどのような制度か
「住宅ローン減税」とは、正式には「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度です。
この制度では、毎年の住宅ローンの残高の0.7%を13年間、所得税から控除することができます。
具体的には、年に納めるべき所得税の一部が、ローン残高に応じた一定額だけ戻ってくる仕組みです。
住宅ローン減税を受けるための要件もありますので、以下で確認してみましょう。
参考ページ:中古 物件 購入 【2023年最新版】不動産購入時減税制度について
住宅ローン減税を受けるための要件
住宅ローン減税を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります: – 自身が借入金の支払い義務を負っていること(共有名義や家族名義の場合、一定の条件を満たす必要がある) – 住宅ローンの金利が事前に決められた上限以下であること – 特定の家族構成(例:配偶者がいる場合、子供のいる場合)であること – 所得税の確定申告を行うこと これらの要件を満たしている場合には、住宅ローン減税を受けることができます。
しかし、利用するには申告手続きをしっかり行う必要がありますので、忘れないように注意しましょう。
また、制度は変動することがあるため、最新の情報を確認することも重要です。