名古屋市東区の不動産売却

名古屋市東区の不動産売却相場と地域の特徴
名古屋市東区は、非常に利便性が高く、名古屋の中心地へのアクセスも良いため、多くの人々に人気のエリアです。
名古屋市東区で不動産の売却を考えている方は、この地域の特徴や相場について知りたいと思いますよね。
不動産と一言で言っても、土地、空き家や中古住宅、中古マンション、農地、工場跡地など、さまざまなタイプがあります。
ここでは、名古屋市東区の特徴的な地域と相場、そして不動産の売却手続きの一部をご紹介します。
名古屋市東区の特徴 名古屋市東区は、名古屋市16区の中で最も面積が小さく、人口密度も名古屋市中区に次いで高い地域です。
名古屋駅や栄など、名古屋の代表的な地域へのアクセスが非常に良いのが特徴です。
また、ビジネス街にも近く、名古屋市営バスや名古屋市営地下鉄などの交通機関も充実しています。
そのため、通勤にも便利であり、多くの人々が魅力を感じるエリアとなっています。
現在の名古屋市東区の人口は、2023年10月1日時点で86,711人、世帯数は47,946世帯です。
名古屋市東区で人気のエリア 名古屋市東区で特に人気のエリアは、大曽根駅周辺と白壁エリアです。
参考ページ:名古屋市東区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
大曽根駅周辺は、名節瀬戸線や名古屋市営地下鉄、ゆとりーとライン、名古屋市営バス、JR中央本線など、交通の利便性が非常に高く、通勤や通学に便利です。
また、商業施設やスーパーマーケットも多くあります。
ナゴヤドームや図書館、公園も近くにあるため、ファミリーにも住みやすいエリアです。
白壁エリアは、高級住宅街として知られています。
名古屋市バスや名鉄瀬戸線などの交通機関が利用できます。
静かで落ち着いた環境が特徴であり、ファミリーにとっても人気のあるエリアです。
名古屋市東区の魅力と物件相場
名古屋市東区は、交通の利便性が非常に高く、その点が魅力です。
名古屋市営地下鉄や名鉄瀬戸線、ゆとりーとライン、JR中央本線など、各交通手段が充実していますので、どこへ行くにも困ることはありません。
また、商業施設やスーパーマーケットが多くありますので、生活に必要なものもすぐに手に入ります。
さらに、子ども向けの施設や図書館、保育施設、学校なども充実しているため、ファミリーにとっても住みやすい環境となっています。
一方、名古屋市東区の不動産相場ですが、2023年の基準地価は1平方メートルあたり54万4,000円となっており、1坪あたりの価格は179万8,347円です。
中古マンションの売却相場は、平均で2,896万円から3,586万円であり、不動産会社によって若干の差があります。
平均の築年数は21年から26年になっています。
中古マンションは需要も多いため、取引が活発に行われています。
一方、中古一戸建ての売却相場は、最低5,200万円から最高20,890万円と幅広く、不動産会社によっても大きな差が存在しています。
築年数は19年から35年までバラエティに富んでおり、不動産会社ごとに取り扱い物件数も異なります。
ただし、中古一戸建ては中古マンションに比べて売却が難しいことが多いです。
最後に、土地の売却相場は7,000万円台となっており、不動産会社による差は比較的少ないと言えます。