名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの売却相場について詳しく説明します

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場とエリアごとの売却相場について詳しく説明します
名古屋市で一戸建ての家を売却する際に、少しでも高く売りたいと思うのは自然なことですね。
今回は、名古屋市の一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミングや注意点について詳しくご紹介します。
これらの情報を参考にしてください。
まずは、名古屋市における一戸建ての売却価格の相場を見ていきましょう。
2021年の平均価格は、1平方メートルあたり35.34万円であり、2022年は39.91万円となっています。
この相場は上昇傾向にあり、売却を検討している方にとっては朗報かもしれません。
実際、過去10年間を見ると、名古屋市では1平方メートルあたりの価格が約13万円も上昇しています。
一方、愛知県全体では上昇幅は約5万円程度しかありません。
このことから、名古屋市は愛知県内でも非常に需要が高いエリアと言えるでしょう。
次に、名古屋市内の区ごとに売却相場を見てみましょう。
名古屋市には16の区があり、各エリアごとに売却の相場は異なります。
2022年のデータによると、最も高額なエリアは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
東区が2番目で、価格は56万円となっています。
これからも需要が高く、価値のあるエリアであることがわかります。
中区は名古屋市の中心となる街であり、愛知県庁や名古屋市役所があるため、価格が高いと考えられます。
また、地下鉄の東山線・名城線・鶴舞線・桜通線が通っているため、交通の便も非常に良いです。
一方で、最も安価なエリアは「港区」で、1平方メートルあたりの価格は20万円です。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
名古屋市港区:人気のないエリアと思われがちですが、実は魅力のある場所
名古屋市港区は、名古屋市の最南端に位置しており、津波などのリスクがあることや、外国人の方が多く住んでいることから、あまり注目されていません。
しかし、実はこのエリアにはレゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなどの人気のレジャー施設があります。
また、最近数年間の間に、港区の不動産価格は上昇傾向にありますので、名古屋市全体で一戸建ての需要が高まっていることが言えます。
これからますます注目されるであろう名古屋市港区は、魅力的な場所と言えるのではないでしょうか。